ウェブリブログはここまでにしようかと思います。

事の発端は、この7月初頭に行われた“メンテナンス”ですが、以降、正常に記事が表示されなくなりました。
問い合わせフォームから運営側に問い合わせるも、未だ回答なし(一体、何のための問い合わせフォームなのでしょうね?※)。
IE(インターネット・エクスプローラー)だろうがedgeだろうが、はたまたwindowsだろうがLinuxだろうが同じ。
表示を正常に戻すためにcssを学んで自己修復…なんて気にはさらさらなれません。
いっそのこと「サービス終了」の方がマシだったと思います。せっかく積み上げてきた物を無断で破壊された形ですから。

仕方ないので、別のブログを立ち上げて、一部記事をそこに移管しようかと考えています(まるごと「引っ越し」も考えましたが、労力のこともありますので)。
まだまだ、懐かしい機器を「こうすれば修理できるよ」情報があれば発信してゆきたいですし、ついでにアフィリエイトもしたいですからね。

新ブログ等、決まりましたらまたここに追記してお知らせしたいと思います。

※7/26、回答があり
>表示が崩れている件につきまして、こちらにてお客さまのブログを確認させていただきましたところ、記事本文内のタグが影響している
可能性がございます。
>つきましては、記事編集画面の「通常エディタ」にてタグの内容をご確認いただき、編集してくださいますようお願い申し上げます。
とのこと。

これは恐れ入った。“自分で直せ”と。やはり引っ越した方が早そうです。
0

前回のipod nano 第4世代と同じ手順で背面を切開するわけですが、TOPとボトムの白い化粧板は先に外しておきます。カメラカバーは外さなくてもよいのですが、傷にするとツライので私は外しました。
※細かい部品を失くさないよう注意。

画像

ipod nano 第4世代の時と同様、バッテリーとLockスイッチの配線がくっ付いていました。引きちぎらないように慎重に剥がしてバッテリーを起こしてやると、半田付けされたバッテリーの端子が表れます。

画像